人気ブログランキング |

虫の季節

自宅裏に笹がしげり、鳥のさえずりが心地よい。虫も多い。
虫は嫌われ者の代表格になりつつある。
昆虫図鑑の売れ行きが悪いらしい。替わりに伸びているのが花の図鑑
虫はこわい形が多いのが原因で、最近の子ども達はあまり虫を見ないのでなおさらだ。
電車の中では男女そろって嫌な顔して虫を追い払う。虫だって好きこのんで電車に乗っているんじゃないんだけど。
玄関先にカメムシ。ベランダにカナブン。
よく見るとキレイに光っているんだけど。以前玄関を開けたらカマキリがこちらを向いて鎌をかまえてファイティングポーズ。これには吹き出した。
地球に住んでいるんだから、「虫ぐらいっ」て余裕持ちたいんだけど。
ヤダヤダアピールをしないとこの人変って思われるって変な思い込みから、とりあえずアクションって人はまだ救われると思います。
重症の虫嫌いの方は大変ですよね。
僕は蜘が苦手。目の前にいたら凍り付いてしまう。
身近な自然とも向き合えなくなってしまうと、そろそろ自然から逆に切られてしまうかも。
そうならなきゃいいんだけど…ああ もう始まっていました。
森林伐採…殺虫剤…そして放射線…行き着くところは僕達です。
f0214847_16215946.jpg
広瀬側をバックにカメムシ君のお腹
虫嫌いな人ごめんなさいね
でも ちょっとかわいいよ

by cocopuru | 2012-06-24 16:22

思い出の海

大好きな写真家 植田正治 鳥取に植田正治写真美術館がある。
大山の麓にぽつんとモダンな建物が建っている。
今から何面も前、どうしても行きたくて品川から夜行バスに乗り米子まで行った。そこから岸本という駅までJRに乗った。岸本駅は小さくて駅からタクシーに乗ろうと思っていたが駅にタクシーはなく、仕方がないので歩いて行った。
写真に感動。中庭から見える大山にも感動した。

砂丘へ。砂丘のある鳥取が大好きだ。温泉もいっぱいあるし、とにかく時間がゆったりしている。

f0214847_36536.jpg


鳥取砂丘から海を見る。風が心地よい。
そんな作品を描いた。
以前砂丘と海と月の絵を描いたが、今回はは日本海と空のみ描いた。
風に押されて身体が傾き水平線がななめになった。
ななめに見ると海原が地球そのものに見える。空は成層圏だ。

隣の島根には出雲大社がある。こんどまた訪ねてみたい。

by cocopuru | 2012-06-24 03:13

Collaboration 特別映像

FinalStageで実現した福岡と宮城のCOLLABORATION
短い練習時間であったにもかかわらず見事な演奏でした

演奏パート1
「ふるさと」
「LOVE AIR」今回のためのオリジナル曲

演奏パート2
「見上げてごらん夜の星を」

by cocopuru | 2012-06-19 00:36

初朗読

今回の LOVE AIR で10分ほどですが色えんぴつArtと詩と音楽のコラボレーションのコーナーをいただきました。
「LOVE tagajoからのメッセージ」というコーナー(コンサート後半に太宰府からのメッセージもありました)
映像を小野寺哲也さんと制作。内容と秒数を設定しながら作り込んでいきました。
朗読は当日場内アナウンスを担当する「Esprit」佐藤ナオハルさんの奥さまに予定していたのですが、兼任だと無理があるかもという話が持ち上がり、他の方の候補を考えなくちゃというときに「本人がやるのが一番いいよね」ということになり。予定外。自分で読むことになりました。この交代は当日までスタッフにも話していなかったのでした。
詩は自分が読むことを想定して書いていないので、どう読むか困りました。本番の4日前に30分ほど音楽担当の小関佳宏君と映像、音、朗読をなんとなく同時にやってみる。実際音楽を加えると時間配分に無理があるのが判明して映像の修正が発生。
「普通に読めば大丈夫」の一言で練習終了
本番前は朗読前後の流れの確認のため、遠しでリハーサルすることが難しい。
「普通に読めば大丈夫」で出番。
舞台そで 家族と出演者のみなさんに見送られステージに立ったのでした。
ギターの小関君は映像を見ながら即興で演奏。こんなギリギリの即興パフォーマンスでも余裕の演奏に安心して出番を終えることができました。
ありがとう。

by cocopuru | 2012-06-11 12:47

LOVE AIR 大入りありがとうございました!

コンサートが無事に終わりまして、停めていたブログもようやく更新。
先日の LOVE AIR は開場前から多数のお客様に並んでいただき、客席もほぼ埋まる中での開演を迎えることになり、スタッフ一同こころより感謝申し上げます。
今回のLOVEtagaはコアスタッフ5名に加え運営全体、事務方、映像という要の分野に心強いサポーターが入り、当日もLOVEtagaスタッフとボランティアスタッフが多数参加し、万全の体制で乗り切れました。
前日の朝から機材搬入が始まり、ミュージシャン4名も練習室にこもり、午後からのリハではなんと午前中に作ったいう、のりのりのかっこいい新曲「LOVEAIR」が披露され、サウンドと演出のチェックがトラブル波状攻撃をかわしながら当日本番ぎりぎりまで続きました。
練習時間の特に少ないコラボパートが大成功できたのは福岡と宮城の素晴らしい「演奏者」であり「音楽家」4人の底知れぬ力の凄さでした。このCOLLABORATIONを0から誕生までめのあたりにすることができたことに感謝です。

f0214847_1332314.jpg

コラボリハの様子

f0214847_1334960.jpg
ピアノは Steinway & Sons
数日前にフジコ・ヘミングさんが演奏したままの状態で使用









f0214847_1343154.jpg
当日のプログラム
太宰府・多賀城の両市長さんからのコメントも寄せられました

by cocopuru | 2012-06-10 13:09