<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

咲いてます

f0214847_12391216.jpg
多賀城のあやめ園
すでに咲いておりますが、これ なんという花かな
あまり詳しくないので…(^_^;
あやめ園なので仲間なのかな
規則正しく並んでおります
でっかい毛虫もおりました
見学は気を付けましょう

あやめ祭りも近いのかな
俳句大会とかもありますね
多賀城や塩釜では俳句の結社が元気なようです
高齢の方が多いのかな
なんか 厳しそうに思えるんだけど

ゆるい自分には縁がありません
[PR]

by cocopuru | 2017-05-28 12:40 | Comments(0)

ルーツ

f0214847_12321219.jpg



何気に選択している色
色の持つ意味もよく理解しないで描くことが多かったのですが
本屋さんで色のルーツを解説した本を見つけたので購入
内容もレイアウトもとても良いです
特にデザイン・レイアウトがおしゃれ
堅い内容だけに、なおさら読みたくなるものを目指したのだと思われます
この本を読んで色を少しでも理解できれば、作品にもまた一工夫ができそうです

今 静物画を描いております 画像は公開できませんが、かわいい置物が主役になっています 
原画は作品展で

[PR]

by cocopuru | 2017-05-27 12:37 | Comments(0)

水上都市を描いて

f0214847_0573135.jpg

先日 ギタリスト作曲編曲家の小関佳宏さんとギターデュオ「いちむじん」の山下俊輔さんのコンサートに行ってきました
当日のプログラムに小関さん作曲の「水上都市」が…
自分が描いた作品名がそのままタイトルになっていました。
タイトルとして使用したいとの連絡があってのことですが、小関さんがこの作品がとても好きだとMCで語っていただき、有り難いことでありました。

震災のあと半年ぐらい絵が描けずいました。
全てを失ってしまった人達が近くに大勢いました
泣きながら歩いている人を見ることもありました
まるで色がなくなってしまったような状況
絵を描くなんて優雅なこととして罪悪感すら感じてしまったからでした。
そんな中、多くのアート作家や音楽家さんが支援に来ていただき
自分もその活動を手伝うことになり
癒された人に笑顔がすこしでも戻る そんな小さな変化を見ていると
「絵描きはやはり描かかんと いかんぜよ」という気持ちが湧いてきたのでした
「水上都市」は再開した作品創りの最初の作品

色を忘れてモノクロになった世界にもやがて色鮮やかな時が戻ってくるようにという希望を込めて描いた作品です。
この作品は男性からの人気が高く
こういう作品をまた描いてほしいというリクエストもあり。
秋の作品展には新作の「モノクロームな世界」を出そうと思いました。
近く制作にとりかかろうと思います。
[PR]

by cocopuru | 2017-05-23 01:00 | Comments(0)

守り神

f0214847_1404336.jpg
お守りやお札ではないのですが
上昇気流にのりそうな運気を持ったような豆本を見つけました
アトリエの守り神として鎮座しています

龍は日本酒が好きなんだそうです
自分も日本酒が好きなので
親近感がわきます

近く以前描いた龍の絵を大作としてリメイクする予定です
それは作品展の後のことですが
仕上がりのイメージがすでにあるので
楽しみなのです
[PR]

by cocopuru | 2017-05-20 14:01 | Comments(0)

ひかる雲

f0214847_5545432.jpg
シリーズの作品「HIKARI」を制作しているのですが
それぞれに表情の違った雲を描いています

これはシリーズラストの作品の一部

ひかった感じを出したかったので輪郭を工夫しています
目の錯覚も利用してみたのですが、うまくいったので良かったです
[PR]

by cocopuru | 2017-05-16 05:56 | Comments(0)

小さなお店

f0214847_6594299.jpg
現在秋の作品展に向けて作品を描き続けています
そういうこともあり、あまり更新しておりません

小さい絵が1枚完成
花巻でお世話になっている
「白鳥の停車場」さん
お店がかわいいので描いてみました
宮澤賢治の童話村の敷地内にあるのですが
ちょっとアレンジしております

作品が完成したら
ここにのせるときもありますので
たまに覗いてみてくださいね
[PR]

by cocopuru | 2017-05-14 07:02 | Comments(0)

配色を楽しむ

f0214847_647143.jpg
5月13日 色鉛筆アート教室
今回のお題は「配色」でした
ますは簡単にその歴史から解説
古代の日本にとっての色
大陸からやってきた色
平安時代の「襲の色目」
この時にテーマ性と配色基準が登場
平安時代と現代の配色に使われる資料を参考に配色だけで作品を創っていただきました
初体験で絵が描けないという方も、形と色のみで作品を完成させていました

配色のイメージから好きなものを描いてもOK
おいしそうな海老フライも完成

本日のおやつ
海苔サンドとカリカリ梅
ルイボスティーでした
[PR]

by cocopuru | 2017-05-14 06:49 | Comments(0)