2017年 06月 25日 ( 5 )

6月の紫陽花2

f0214847_16193825.jpg
近所や公園で紫陽花が見頃ですね
早朝散歩で

もうすぐ7月

こころは梅雨開けで
[PR]

by cocopuru | 2017-06-25 16:23 | Comments(0)

6月の紫陽花

f0214847_1495570.jpg

[PR]

by cocopuru | 2017-06-25 14:10 | Comments(0)

グレイッシュ

f0214847_13534679.jpg

リクエストがあったグレーで色数が少ない作品が完成しました。
でも結構色は使っているのです。
インディゴブルーという色を主に空に使っていますが、空だけで10色くらいは使っているのです。
海はもっと使っています。
でも見た目グレーに仕上げました。
こういう色はモニタや印刷ではなかなか再現できません。
微妙な色や月の周り、雲の輪郭はぜひ原画で見てほしいです。
[PR]

by cocopuru | 2017-06-25 13:54 | Comments(0)

線で描く

f0214847_636448.jpg
今月の色鉛筆教室は「線で描く」をテーマにおこないました。
生徒さんの中で、革細工の職人をされている方とネイルアートを目指している方も参加。
「これ はまるわ」と夢中になって描いていただきました。
線だけで作品をつくるため、絵が描けない方もいつの間に絵になっていきます。
短時間でも集中して夢中になれる時間って大事だなとあらためて思います。



この作品は「こんな感じの作品もできるよ」と
5分くらいでざっくり描いてデモをおこなったものに手を加えて仕上げたものです。
f0214847_6373271.jpg
[PR]

by cocopuru | 2017-06-25 06:38 | Comments(0)

巨匠の技

f0214847_6215671.jpg
松島・塩釜には二人の巨匠の美術館があります。
塩釜の「杉村惇美術館」(油絵)
松島の「藤田喬平ガラス美術館」(ガラス工芸)
先日松島の方へ行って来ました。
大分前に見に行ったことがあったのですが、じっくりまた見たいと思い再訪です。
あらためて色彩と造形の極みに驚きを感じました。
観光地の美術館って軽く思われがちですが
ガラスの美しさに惹かれる方は見た方がいいです。
展示の間に巨匠の残した言葉も読むことができるのですが
アメリカでの講演会で聴衆から「この器に何を入れるのですか」と問われ
「夢を入れたらいい」と即答し喝采を浴びたこととか
「作家というのは60歳からが勝負だ…色々な経験から手抜きのような作品で手抜きじゃない作品、つまり気負わない作品がつくれるようになるから」という言葉を読み、そうか〜と妙に納得した次第です。
自分もそうした領域に入っていければいいかな〜
新しい試みをさりげなく作品に入れ込んでいる最近の作品ってそういうことなのかもしれない。
でも巨匠って雲の上だよな〜
凄いな〜
(写真:momoka)
[PR]

by cocopuru | 2017-06-25 06:23 | Comments(0)