LIVE in LOVE AIR

2011年3月11日の震災により、まちの3分の1が津波による甚大な被害を受けた多賀城市。市内のみなさんに「元気」と「笑顔」をとどけて、多賀城の復興を後押ししたいという気持ちから、市民ボランティア「LOVE tagajo」が立ち上がりました。
そして震災から1カ月余、4/24と7/23に多賀城駅前で行われた復興支援イベントは、市内近郊の参加者とボランティアの協力のもと、大盛況で終えることができ、義援金を届ける等、一定の成果をあげました。
そんな活動を遠く1,600キロ離れた姉妹都市“太宰府”より、LOVE tagajoの一員で活動していた多賀城市内のかわいいパン屋さん(アトリエポランさん)との応援メールの往復がきっかけで知り合った太宰府の市民が「音楽で復興のお手伝いをしたい」と震災復興ボランティア「CLOVERS MUSIC」を結成し、その後、お互いの交流を深め6/11、9/23、9/24にコンサート。翌年6/9には「music collaboration LOVE AIR」として大規模なコンサートを多賀城市で開催するまでに至りました。
今回の作品展はあのときのスピリッツを引き継いだ「LOVE AIR」。昨年の作品展終了後には次のタイトルとして決めていたのですが、偶然にも5月に再びコンサートのお話をいただいたのです。
演奏していただく素敵なミュージシャン 安武さん西田さんです。
   ↓
f0214847_1281051.jpg
安武 玄晃(やすたけ もとあき)
1981年生まれ福岡県小郡出身

生まれつき喘息の持病を持ち、その克服のために16歳よりアルトサックスを始める。
2007年 スムースジャズ&ゴスペルジャズの聖地ロサンゼルスに渡り音楽スピリットを学ぶ。
2009年 憧れの世界最高峰SAX奏者 Ron Brown氏(スティービー・ワンダー、ダイアナ・ロス等の共演SAX奏者)に師事。
2010年 ロサンゼルスにて、Ron Brown氏をプロデュースに迎えデビューアルバム『Break Through』をリリース。そのSaxの音色は「メロウ・サックス」と呼ばれる。
2011年 アルバムリリース&東北復興支援ライブ「届け東北へ サックスの祈り」開催。また避難所などでのライブ活動、CDの売上げの一部を寄付するなど「人生のための音楽」を届けている。






f0214847_128851.jpg
西田 勇(にしだ いさむ)
1980年生まれ福岡市出身

幼い頃から音楽環境に恵まれた教会で育ちゴスペルギタリストとして歩み始める。
今までにLarry Carrlton,Paul Jackson Jr,など、そのカリフォルニアサウンドに影響を受け自身のスタイルを確立する。
J-street、アメージンなど、数多くのアーティストCDのプロデュースやアレンジも手掛け、作曲家やピアニストとしても活躍するなど幅広い才能を発揮する。
自ら作詞作曲した「君の呼ぶ声」は、サックス奏者の安武玄晃アルバム「BreakThrough」でもカバーされFMラジオにて紹介され反響をよんでいる。
スピリット溢れるプレイは彼の世界へと引き込み多くの人々に感動を与えている。

ライブは
作品展会場にて5月10日15時30分開場
16時より
入場料 1,000円 事前予約制
約30名さまの限定となります
申込みは→メール sabos@abelia.ocn.ne.jp まで
[PR]

by cocopuru | 2014-03-26 01:35 | Comments(0)