作品展を終えて

f0214847_17344688.jpg

先月後半に塩竈杉村惇美術館で開催された作品展
途中台風の影響もありましたが
雨の中でも多くの方々にご来場いただきました
白く広い空間の中、ゆったり過ごしていただけた様子で
開催したぷるぷる一同感謝いたします。
お花やメッセージもたくさんいただきました
ありがとうございました!

御礼も満足にできず
終了してしまいましたので
あらためてご来場の皆様
応援していただいた皆さんに御礼申し上げます

肝心の展示は会場ギャラリー1を見てギャラリー2へ移動すると
別な世界になるような構成としていたので
長時間滞在していただいた方も結構いたようです

2年の準備で11日間という展示でしたが
次回はもう少し長く開催できればと思っております

次回に向けて構想を練り始めたところです

またまた創作の日々がはじまります


[PR]

# by cocopuru | 2017-11-04 17:36 | Comments(0)

個展最終日です

f0214847_03542848.jpg

10月19日から始まった個展も本日最終日となりました。
たくさんのお客様に出会えましたことに感謝いたします。
今回の個展にお越しのお客様は皆さんゆっくりと見ていただいた様子で有り難く感じております。
会場一番奥はとても広い空間でベンチに座ってご覧いただけます。

残り数時間 本日はあいにくの雨模様ですが
素敵な美術館で過ごしていただければ幸いです。

15時過ぎより搬出作業となります。


[PR]

# by cocopuru | 2017-10-29 03:56 | Comments(0)

夜間のお仕事

残業で終電に乗れない夫を迎えた帰り道、雨の中、工事のお仕事に励んでいらっしゃる方々を発見。
午前1時に真剣勝負の肉体作業は相当な疲労を伴うことでしょう。
日本の平和と安全は縁の下の力持ちに支えられていることがよく分かります。
f0214847_08140447.jpg
只今、北上中の台風21号。自然と共存でありたいけれど被害はあってほしくないです。皆様、どうぞお気を付けくださいませ。





[PR]

# by cocopuru | 2017-10-22 08:18 | Comments(0)

メッセージ

f0214847_07211447.jpg


夫の作品展会場内に嬉しいメッセージをいただいております。ありがとうございます!
昨日いらしたお客様の中に「この絵を観ていると【インドラの網】を想像します」とおっしゃってくださった方がいました。
無知な私に【インドラの網】を教えてくださったお客様。

帝釈天は世界の中心の山「須弥山」に住んでおり
その宮殿の周りには
「インドラの網」とよばれる
ネットが張られています。

そのネットの結び目には美し宝石が縫いこまれており
その宝石はお互いに写しあい
またその映しあった姿が他の宝石に映しあうという
まるで鏡の中の世界のように
無限に輝きが続いていく世界がそこにあります。

ここにある宇宙観は
すべてのものは関係しあい
お互いがお互いを映しあい
響きあい、
相似も相違も違和も混乱も
森羅万象すべてが
あらゆることがすべて必然であるという世界観を
暗示しています。

宮澤賢治の作品はじめ世界観に学んでいらっしゃるその方と談話中、涙があふれ出て止まらなくなりました。
皆様、素敵なメッセージをありがとうございます!



[PR]

# by cocopuru | 2017-10-22 07:46 | Comments(0)

作品展開催

f0214847_05373680.jpg

18日、午後から搬入 19日に初日を迎えました。初日ご来場のお客様ありがとうございます。
素敵な白い空間
楽しんで ゆったり過ごしていただけると幸いです
会期中は台風や低気圧の影響もありそうですが会場内はそんなことも気にせずどうぞ
ここにはいろんな空があります
29日までの開催です

作者は土日の在廊となります 平日は アトリエぷるぷる 隊員がいるかもしれません
いない場合はごめんなさい

[PR]

# by cocopuru | 2017-10-20 05:42 | Comments(0)

栗をいただく

f0214847_22563534.jpg

栗ごはんを手作りするのは大変です
庭の栗の木がごはんになってきました

まさに 地産地消です
昔はこういうのが普通だったのかも

とても美味しいです
季節感 大切にしたいです

[PR]

# by cocopuru | 2017-10-11 22:58 | Comments(0)

松島で彫刻

f0214847_00265196.jpg

松島在住の彫刻家 佐野美里さんが
10月1日まで地元 松島の西行戻しの松公園
松島パノラマハウスの1階で個展を開催中です

「松島。彫刻と、暮らすこと。」
樹の良い香りで満たされた空間に
もふもふ感いっぱいの彫刻が…

これから更なる進化を期待するとともに
地元での創作にありがとうと言いたいです

[PR]

# by cocopuru | 2017-09-27 00:32 | Comments(0)

はぎのはな

f0214847_07163774.jpg

はぎの花が咲いてます
散歩日和に探してみよう


[PR]

# by cocopuru | 2017-09-24 07:18 | Comments(0)

ころころ

f0214847_12582171.jpg

どんぐりが落ちる季節になりました
どんぐりを拾って盛り上がったのは何時だったかな
今日拾ったどんぐり

今度の作品展リストに花巻市にある「ぎんどろ公園」の絵があります
どんぐりの季節が終わった頃の風景です

花巻は決して遠くはないのですが
なかなか行く機会がつくれない

また行きたくなってきました

[PR]

# by cocopuru | 2017-09-23 13:01 | Comments(0)

大好き

f0214847_00004605.jpeg

最近なかなか耳にしない
「大好き」をひよっこで目にして
くたくたになってしまいました

大好きってなんだろ
音楽…色鉛筆…
なんか…こうして考える時間…
みんなが電車でスマホをいじっているのを尻目に
ひとり…ぼーっとしていること
本を読んでいる人…いいな…
音楽を聴きながらイメージを創る

なんともたよりない
そんなことが大好きなのかも


[PR]

# by cocopuru | 2017-09-22 00:09 | Comments(0)

ニューアルバム

f0214847_16064253.jpg

今週の金曜日
親交のあるギタリストの小関佳宏さんがコンサートを開く

Hope
佐藤正隆&小関佳宏 Guitar Duo Concert

仙台市シルバーセンター交流ホール
開場18:30
開演19:00
前売り3,000円(当日3,500円)
お問い合せ
090-9429-5375(小関)

同日ニューアルバムも発売するそうです
「この空の下」

タイトルとジャケット 私が一昨年開催した個展と同じになりました
びっくりですね
まだ現物見てませんが
当日会場で見たいと思います

塩釜杉村惇美術館から見た塩釜の風景
この空の下 いろんなことがあっても日常は続く
楽しいこと 悲しいこと
悔しいこと 嬉しいこと
なにがあっても この空の下
ちょっと小高いところにのぼって
街を見下ろせば
見えないたくさんの人生があふれている


[PR]

# by cocopuru | 2017-09-18 16:11 | Comments(0)

準備も大詰めです

f0214847_06084503.jpg

作品展の準備でばたばたして更新できずにいましたが
MOMOKA隊員の写真を使ってようやく更新
秋の夕暮れ…といより明日に向かっている感

先日展示用の最後の作品が完成しました
最後の作品は会場である杉村惇美術館
大講堂を下から見上げたアングルを力まずさらっと仕上げた作品

さて
次は壁面に飾る作品のタペストリーとか、掲示物とかの制作を始めます
ご案内も少しずつお渡ししております
(牛歩の歩みで)
絵描きといえども平日は会社員として暮らしているので、なかなか進まない。大がかりな作品展にはやはり2〜3年の準備期間が必要なのです。
両立は厳しいところですが、好きでここまで来ているので
誰にも文句は言えないのは当然で、むしろ感謝しなくちゃいけません。

美術館のHPに「寺尾紗穂」さんライブのお知らせがのっています
坂本龍一さんとか山下達郎さんとか大貫妙子さん…
あの感じをルーツにもつ若手シンガーソングライター
最近作「楕円の夢」…クオリティー高いです。「作品」ですね。
すごい注目の方が来るんですね〜


[PR]

# by cocopuru | 2017-09-17 06:16 | Comments(0)

すげのでんじゅさん絵画展

f0214847_13292489.jpg
以前このブログでご紹介した
すげのでんじゅ さんの個展が
今月末から始まります

福島県二本松の方
とてもシャイな純粋な方です
作品にも そのお人柄が滲み出ている

今回も見に行こうと思います

すげの でんじゅ 絵画展
—小さな光の中で—
2017年8月29日〜9月3日
仙台市 晩翠画廊
仙台市青葉区国分町1-8-14
仙台第2協立ビル1F
[PR]

# by cocopuru | 2017-08-27 13:30 | Comments(0)

アーティスト今野裕結さんと会う

f0214847_8453796.jpg
作品展用の額装をおこなっています。
いつも「青葉画荘」さんで相談しながら仕上げていただいておりますが、昨日は素敵なアーティストさんと出会いがありました。
なんと鉛筆、色鉛筆などで作品を創っている方も額装に来店。
今野裕結(こんのひろむ)さん
岩沼市出身で現在中学校で美術を教えておられます。
エネルギッシュな若手の最先端という印象。
今野さんも近く岩沼で作品展を開催予定
同じ画材で描いている人と出会う機会は滅多にないので
お話しさせていただき、短い時間でしたが共感するものが多々ありました。

作品の中でスマートフォンの画像処理機能を使って見るというものがあり、それは初めて見るものでびっくりしました。
杉村惇美術館からもお声がかかっているそうで、近く個展がおこなわれるのではと思います。
若手の凄いアーティスト まだまだ出てくるのかな
たのしみなアート界です

今野裕結 色反転画展
2017.9月1日〜9月30日(月曜休廊)

岩沼市栄町1-8-40
Art・珈琲Salon Epic View

写真は今野さんの作品「不変と変遷の始点」
[PR]

# by cocopuru | 2017-08-20 08:50 | Comments(0)

お盆の準備

f0214847_5423750.jpg
割り箸だっけ?つまようじじゃない?
話題は茄子と胡瓜の足は何であるか
そこで過去の写真を見て確認してみました
どちらでもないようです
長いつまようじのような
これはなんだろう

竹串にしてしまおうか

高楊枝ってやつか?
武士は食わねど高楊枝

確か長い楊枝だった
それだ
[PR]

# by cocopuru | 2017-08-12 05:43 | Comments(0)

会場美術館HP

f0214847_035929.jpg

10月の作品展のお知らせが会場の塩竈市杉村惇美術館のHPに載りました
いよいよ秒読みのような気分です
これからは作画の他にご挨拶文、キャプションや他掲示物などの制作もしなくちゃ
結構やること多い フライヤー設置のお願いを始めています

掲載画像は「HIKARI-おかえり」
遠くにいる二人と一匹はあなたにとってどんな人たちなんだろう
あなたの目からみた風景として ストーリーを考えてみてください
[PR]

# by cocopuru | 2017-08-10 00:36 | Comments(0)

冷やしおでんのお昼

f0214847_1655073.jpg
作品展のフライヤーが完成したのであちこちに置いていただいております
快く応じていただき感謝しています。
会場の美術館にもお届けし、近くのカフェで休憩。
おなかもへったので
メニューを見たら「冷やしおでんセット」が
氷が浮いて涼しそう

おでんのつゆって飲んじゃうよね
[PR]

# by cocopuru | 2017-08-06 16:56 | Comments(0)

南の海と夏の空

f0214847_5314580.jpg
f0214847_532597.jpg
仕事で沖縄へ行って来た
途中 きれいな海も見てきたよ

東北にはない色で溢れていた

それにしても太陽の光が強い
蝉がうるさい
虫がでかい

やっぱり沖縄
大好きな雲の形が違う

それにしても那覇市は大都会
びっくりしました
[PR]

# by cocopuru | 2017-07-22 05:33 | Comments(0)

空を見上げるこの時を

f0214847_1854593.jpg
10月におこなう作品展のDMデータが完成
月末には会場の美術館にもお届けできるかな

タイトルは
「空を見上げるこの時を」です

作品は9月初旬まで制作が続く予定
今回は新作が多いです

会場が広いのでレイアウトで悩むなあ
これも楽しいのですが

酷暑を乗り越えて
芸術の秋へ
暑いトンネルの先には
秋空の澄んだ碧が見えるといいな
[PR]

# by cocopuru | 2017-07-14 18:10 | Comments(0)

庭になっていました

f0214847_961986.jpg
実家の庭に木瓜(ボケ)
こういう実かな〜
枝に長いトゲがついているので
やっぱり木瓜なんだろう
実の形がどうも図鑑と合わない
まれにある形なのかな

「果実酒にできるか調べて」と言われたのですが
どうやらできるということなので
仕込んでみよう
[PR]

# by cocopuru | 2017-07-01 09:06 | Comments(0)

薔薇も満開

f0214847_54517.jpg
薔薇も見頃ですよ

あちこちで薔薇のイベントもあるようです
もうおわった?

知り合いのお家の薔薇

みどりにピンクっていいね
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-28 05:47 | Comments(0)

よく見ると

f0214847_5481259.jpg
f0214847_5483821.jpg



古いベンチに
葉っぱときのこ
色的にもよい組み合わせです



桜に実っている小さなまるいもの
熟して黒くなって地面にいっぱい落ちてます

ちょっと味見
すっぱくて渋くてあまい
ジャムにしたら美味しいかな
さくらのジャム
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-27 05:54 | Comments(0)

6月の紫陽花2

f0214847_16193825.jpg
近所や公園で紫陽花が見頃ですね
早朝散歩で

もうすぐ7月

こころは梅雨開けで
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-25 16:23 | Comments(0)

6月の紫陽花

f0214847_1495570.jpg

[PR]

# by cocopuru | 2017-06-25 14:10 | Comments(0)

グレイッシュ

f0214847_13534679.jpg

リクエストがあったグレーで色数が少ない作品が完成しました。
でも結構色は使っているのです。
インディゴブルーという色を主に空に使っていますが、空だけで10色くらいは使っているのです。
海はもっと使っています。
でも見た目グレーに仕上げました。
こういう色はモニタや印刷ではなかなか再現できません。
微妙な色や月の周り、雲の輪郭はぜひ原画で見てほしいです。
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-25 13:54 | Comments(0)

線で描く

f0214847_636448.jpg
今月の色鉛筆教室は「線で描く」をテーマにおこないました。
生徒さんの中で、革細工の職人をされている方とネイルアートを目指している方も参加。
「これ はまるわ」と夢中になって描いていただきました。
線だけで作品をつくるため、絵が描けない方もいつの間に絵になっていきます。
短時間でも集中して夢中になれる時間って大事だなとあらためて思います。



この作品は「こんな感じの作品もできるよ」と
5分くらいでざっくり描いてデモをおこなったものに手を加えて仕上げたものです。
f0214847_6373271.jpg
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-25 06:38 | Comments(0)

巨匠の技

f0214847_6215671.jpg
松島・塩釜には二人の巨匠の美術館があります。
塩釜の「杉村惇美術館」(油絵)
松島の「藤田喬平ガラス美術館」(ガラス工芸)
先日松島の方へ行って来ました。
大分前に見に行ったことがあったのですが、じっくりまた見たいと思い再訪です。
あらためて色彩と造形の極みに驚きを感じました。
観光地の美術館って軽く思われがちですが
ガラスの美しさに惹かれる方は見た方がいいです。
展示の間に巨匠の残した言葉も読むことができるのですが
アメリカでの講演会で聴衆から「この器に何を入れるのですか」と問われ
「夢を入れたらいい」と即答し喝采を浴びたこととか
「作家というのは60歳からが勝負だ…色々な経験から手抜きのような作品で手抜きじゃない作品、つまり気負わない作品がつくれるようになるから」という言葉を読み、そうか〜と妙に納得した次第です。
自分もそうした領域に入っていければいいかな〜
新しい試みをさりげなく作品に入れ込んでいる最近の作品ってそういうことなのかもしれない。
でも巨匠って雲の上だよな〜
凄いな〜
(写真:momoka)
[PR]

# by cocopuru | 2017-06-25 06:23 | Comments(0)

咲いてます

f0214847_12391216.jpg
多賀城のあやめ園
すでに咲いておりますが、これ なんという花かな
あまり詳しくないので…(^_^;
あやめ園なので仲間なのかな
規則正しく並んでおります
でっかい毛虫もおりました
見学は気を付けましょう

あやめ祭りも近いのかな
俳句大会とかもありますね
多賀城や塩釜では俳句の結社が元気なようです
高齢の方が多いのかな
なんか 厳しそうに思えるんだけど

ゆるい自分には縁がありません
[PR]

# by cocopuru | 2017-05-28 12:40 | Comments(0)

ルーツ

f0214847_12321219.jpg



何気に選択している色
色の持つ意味もよく理解しないで描くことが多かったのですが
本屋さんで色のルーツを解説した本を見つけたので購入
内容もレイアウトもとても良いです
特にデザイン・レイアウトがおしゃれ
堅い内容だけに、なおさら読みたくなるものを目指したのだと思われます
この本を読んで色を少しでも理解できれば、作品にもまた一工夫ができそうです

今 静物画を描いております 画像は公開できませんが、かわいい置物が主役になっています 
原画は作品展で

[PR]

# by cocopuru | 2017-05-27 12:37 | Comments(0)

水上都市を描いて

f0214847_0573135.jpg

先日 ギタリスト作曲編曲家の小関佳宏さんとギターデュオ「いちむじん」の山下俊輔さんのコンサートに行ってきました
当日のプログラムに小関さん作曲の「水上都市」が…
自分が描いた作品名がそのままタイトルになっていました。
タイトルとして使用したいとの連絡があってのことですが、小関さんがこの作品がとても好きだとMCで語っていただき、有り難いことでありました。

震災のあと半年ぐらい絵が描けずいました。
全てを失ってしまった人達が近くに大勢いました
泣きながら歩いている人を見ることもありました
まるで色がなくなってしまったような状況
絵を描くなんて優雅なこととして罪悪感すら感じてしまったからでした。
そんな中、多くのアート作家や音楽家さんが支援に来ていただき
自分もその活動を手伝うことになり
癒された人に笑顔がすこしでも戻る そんな小さな変化を見ていると
「絵描きはやはり描かかんと いかんぜよ」という気持ちが湧いてきたのでした
「水上都市」は再開した作品創りの最初の作品

色を忘れてモノクロになった世界にもやがて色鮮やかな時が戻ってくるようにという希望を込めて描いた作品です。
この作品は男性からの人気が高く
こういう作品をまた描いてほしいというリクエストもあり。
秋の作品展には新作の「モノクロームな世界」を出そうと思いました。
近く制作にとりかかろうと思います。
[PR]

# by cocopuru | 2017-05-23 01:00 | Comments(0)